やさぐれ歯科医院

白い天使クリスチャン・ゼル博士を目指す歯科医の戯言

「食べるな危険」のウソホント

またもやFacebookからのネタ

インプラント界隈では有名(?)な某先生が変なサイトをシェアしていました。

うわー、香ばしいのが流れてきたな・・・と思いリンク先を見てみると

ブラジル人は絶対食べない!ブラジル産の鶏、豚、牛肉

「へえ~ブラジル産だって!わざわざ地球の裏から運んで来るんだからよっぽど美味しいんだね!」

しかし現実は、地球の裏からの運賃を掛けても安く、現地人は絶対に食べないほどの汚染物質と同等の毒入り肉なのです。

・・・はぁ!? 

こりゃまたすごいのがきたな。

本当にブラジル人は自国の肉を食べないのか?

牛肉を例に出すと、ブラジルの生産量は大体900万t台で輸出量が150万~200万tくらい。70~80%は自国内で消費している訳です。大体、ブラジルの肉消費量は年間一人あたり90kg超と日本人(年間30kg弱)の3倍以上肉食なのです。ブラジル人が自国の肉を食べないなら、食べている肉はどっから持ってきてんのよ。

f:id:yasaguredent:20150704224046j:plainf:id:yasaguredent:20150704224102j:plain

                      独立行政法人農畜産業振興機構より

歴史は繰り返す

去年も別なサイトが「ブラジル肉は毒!」と似たようなデマを流していた例があったらしく、ブラジル大使館から抗議があり削除したようです。


この削除した内容ですが

 2000年か2001年頃にアメリカは「ブラジル産の肉は毒だから絶対に食べない!」と輸入を禁止してしまいました。ブラジル産は大量の抗生物質とホルモン剤などの化学物質で汚染された最悪の毒入り肉と呼びたいくらいの肉だったので、質の悪い肉のアメリカからもブラジルの肉は輸入禁止になったのです!

もうデマ満載。

口蹄疫やBSE問題でEUやアメリカへの輸出が停止していた時期もありましたが、毒だから輸入禁止な!って無茶苦茶ですわ。

トンデモに惹かれる人も繰り返す

この某先生、以前もトンデモ食品系のまとめをシェアしていたり「食品の危険性に気をつけて生活しなければならない時代ですね。私も心配しています。」と書き込んでいます。食品に気を遣うのは構いませんが、気を遣うベクトルが・・・。

f:id:yasaguredent:20150705142034p:plain

食べ続けたら死の危険10倍!身近な危険な食べ物・添加物まとめ

↑この「まとめ」も相当酷いです。

人は人 自分は自分・・・なれど

別に人が何を食べようと避けようと知ったことではありません。

しかし、この例に限らず、どんなに立派な業績でも人格者でも「あからさまなトンデモ」を拡散しようとするのは歯科業界の沽券に関わりますし、そういう思考のヒトなのだろうなと思ってしまいます。

 名前を出そうかとも思ったのですが、記事をシェアしているだけですし・・・ま、こんなもんで。

失敗の予防学―人は、なぜ“同じ間違い”を繰り返すのか

失敗の予防学―人は、なぜ“同じ間違い”を繰り返すのか