読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やさぐれ歯科医院

白い天使クリスチャン・ゼル博士を目指す歯科医の戯言

歯科業界よくある誤解 腎機能低下患者への抗菌薬処方

今月号のデンタルダイヤモンドをパラパラ読んでいたら、九州歯科大学、口腔保健・健康長寿推進センターの大渡凡人先生が「高齢者のリスクをマネジメントするリカレント講座」として様々な有病者の歯科治療について寄稿されていました。 ざっくりとした内容は…

歯科業界よくある誤解 滅菌・非滅菌器具の混在

新たに歯科医師となった皆さんもそろそろ職場には慣れてきた頃だと思います。 遅ればせながら合格おめでとうございます。 やはり目指すは人生「濡れ手で粟」のガッポガッポ系! 「西洋医学は悪!ワクチンは万病の元!」とナチュラル思考のお花畑系患者にデト…

汝等こゝに入るもの 一切の望みを棄てよ

今回の内容は投稿しようとした矢先にspee先生がブログ更新したんで読んでみたら… うおぉぉぉぉおい、時期が時期とはいえ内容が丸かぶり!使ってる小ネタも一緒とか、部屋に隠しカメラでも付いてんのか…。 丸パクリっぽくて恥ずかしいから世に出せん…と思って…

若手にオススメの書籍 心電図

若手に薦める本ですが、初回はざっくりとした病態把握・全身管理の書籍でした。 今回は歯科の苦手分野筆頭、心電図! できれば逃げたい心電図 歯髄炎の急患が来たので「よっしゃ抜髄するか」と思ったら、 「心臓?毎年健康診断で心電図がひっかかるよ。薬も…

女性歯科医師問題という「まやかし」

これまで何回か取り上げてきた女性歯科医師問題ですが、続けるのがしんどくなってきたので今回で終わらせます。 歯科医師会や厚生労働省の資料を元に書いていこうと思いましたが、結局は世のどんな資料を取り上げても結論は一緒なので色々と分析する必要もあ…

若手にオススメの書籍 縫合

学会シーズンです。 もう青天井飲食祭りで財布のエンプティランプが点きっぱなしです。 今死んでもアルコールでしばらく腐りそうにありません。 縫合の良書 Twitterで若手の先生達が「皮膚縫合でいい本はないか」という悲しい会話をしていました。 何が悲し…

「女性歯科医師に活躍の場を!!」は本当か? 3

また鬱々とした内容が始まりました。 実はもうとっくに結論は出ている(し長くなる)ので正直言って書きたくありません! しかし、周囲を見聞きしていると女性歯科医師自身がこの「女性歯科医師問題」について大きく誤解しているケースも多いので・・・。 女…

新時代の治療!? 「ケモナイフ」

物忘れの激しい皆様こんにちは。 もう脳のキャパは、やうやう小さくなっていくようです。 外出中に「あ、これはいいネタ!」と思っても家に着く頃には忘れてしまいます。すぐに題名だけでも何かに書きとめないと、後で思い出そうと悶え苦しむことが多くなり…

行ってはいけない口腔外科 顎変形症編

今回は患者さん向け。 顎変形症 世の中には顎変形症という病気がありまして、ざっくり書くと「アゴが出ていたり引っ込んでいたり、ひん曲がっている病気」です。 クッキングパパの下顎が出ているのなんかがそうですね。 この顎変形症、遺伝も絡んだりするの…

若手にオススメの書籍 全身管理 補足

前回の補足なのでVer. 1.5となります。 前回紹介した「周術期管理チームテキスト」ですが 周術期管理チームテキスト第3版 作者: 公益社団法人日本麻酔科学会会員,日本手術看護学会会員,日本病院薬剤師会会員,公益社団法人日本臨床工学技士会会員,公益社団法…

若手にオススメの書籍 病態把握・全身管理

申し訳ないが、女性歯科医師問題は一旦パス! 何かこう、気が乗らないというか何というか・・・また気が向いたら書き始めます。 もう、あんな題材やらなきゃよかったと激しく後悔。 さて、気を取り直して! よくある質問 研修医や口腔外科・歯科麻酔科などに…

巷のヘンテコ清潔不潔 帰ってきたナースキャップ

女性歯科医師問題は書いてるこっちも出口が見えなくてストレスがたまるので、ちょろっと息抜きをば。 やはりこういう内容のほうが楽なんで、一度手を付けると息抜き記事が続く可能性が・・・。 RETURN OF THE NURSE'S CAP 以前、この御時世にまだナースキャ…

「女性歯科医師に活躍の場を!!」は本当か? 2

いきなり受付に現れ「帰省してるから今週中に歯を治してほしいんだけど…えっ予約?してないよ…間に合わない?なんでや!」という盆暮れ特有のモンペに悩まされている皆さん、お盆はいかがお過ごしでしょうか。 もう忘れているでしょうが(俺も忘れた)前回の…

「女性歯科医師に活躍の場を!!」は本当か?

アカデミックなネタをやろうと思って途中までは書いているのですが、今回もアカデミックとは程遠い内容になってしまいました。 実はこの内容、以前に書いたものの今ひとつ気が乗らず「こりゃボツだな・・・」と思ってお蔵入りにしていましたが、色々と思うと…

世界基準の歯科治療

Facebookで「この本がいいよ!」って紹介されていました。 世界基準の臨床歯内療法 作者: 石井宏 出版社/メーカー: 医歯薬出版 発売日: 2015/09/28 メディア: 大型本 この商品を含むブログを見る 歯内療法は俗に言う「根っこの治療」ってやつです。ネット検…

Facebook分院 開院

Facebookでも「やさぐれ歯科医院」をはじめました。 まぁ、こちらにアップしたらあちらにもアップするだけなのですが。 あと、余計な一言とか書いてます。 やさぐれ歯科医院 Facebook分院

巷のヘンテコ清潔不潔 訂正・お知らせ

yasaguredent.hatenablog.com yasaguredent.hatenablog.com 以前に書いた内容ですが、リンク先のHPからナースキャップ画像を消したりリンク先のページが無くなったとこもあるようですので、そういったところはリンクを消しました。 そのうち「まだナースキャ…

トンデモ インプラント

小宮山先生といえば本邦インプラントの先駆けで、こんなぺーぺーの自分でも知っているくらい有名ですが、2012年に歯界展望にインプラントについて連載していました。 歯界展望 2013年1月号 「インプラント療法の原点を訪ねて 術式に関連した要点:外科処置 …

歯科医師に必要な能力

まだ細々と生きてはいますが多忙につき更新が滞っております。 長いのを書いたりはしているのですが、推敲するうちに「何だかなぁ・・・」と思ってボツにしてしまったり、「もうちょい調べないと・・・」と思いつつ調べないままアップもできず寝かせっぱなし…

「食べるな危険」のウソホント

またもやFacebookからのネタ インプラント界隈では有名(?)な某先生が変なサイトをシェアしていました。 <a href="http://ameblo.jp/hifumijuku/entry-11796882252.html#cbox" data-mce-href="http://ameblo.jp/hifumijuku/entry-11796882252.html#…

子供は親を選べない

昔、調べ物をしていたらこんな症例報告を見つけました。 2歳女児、歯ブラシをくわえて転倒し受傷。受傷後5時間で左不全麻痺出現し近医を受診したところ、頭部CTで右脳梗塞が疑われ当院受診。頭部MRIで右中大脳動脈領域広範囲に拡散低下を認め、頭部MRAで右内…

新歯学部生・新歯科医師の皆様へ

前回は「続く」なんて書きましたが、やはり予告は予告通りいかないものでして・・・いや、今更「手洗いは大事なんですよ」ってのも、「踏切が下りている時は線路を渡っちゃいけません」くらいアタリマエのことなんで、逆にまとめるのが難しいというか・・・…

手を洗わない人々

昨年末、Facebookに流れてきた内容を見てぶったまげました。 司 このみ - トイレに行った後の手洗いの意味って 考えてことありますか?... | Facebook 出どころは「司このみ」という人らしいのですが、元宝塚?の看護師で現在はヨガ教室主催という経歴の持ち…

何でも「悪性」と付ければいいってもんじゃない

悪性の虫歯・・・とは? ここ数日、今日の「ためしてガッテン」で【悪性の虫歯】なるものをとりあげるらしい、という話題を見かけます。 歯が抜ける!30代からの悪性虫歯&入れ歯の新常識 : ためしてガッテン - NHK 歯が抜ける!30代からの悪性虫歯&入…

歯科業界よくある誤解 「御侍史・御机下」

今日明日と歯科医師国家試験ですが、最近は就職前に国試の結果が判明するからいいですね。実際に見たことはありませんが、昔は就職後に国試の結果がダメだったために、お通夜のような雰囲気の中で職場の私物を片付けるという悲しい光景が各地でありました。 …

歯科業界よくある誤解 「お痛みありませんか?」

もう松の内も過ぎてしまいましたが、明けましておめでとうございます。 学生・国試浪人へ 進級・卒業試験や歯科医師国家試験に向けて頑張っていると思います。早くも留年が確定した長期休暇組も遊んでいる余裕はありません。新年度に向けて勉強して下さい。…

巷のヘンテコ清潔不潔 ナースキャップ

ナースキャップといえばその名の通り看護師が使用していた帽子です。 おたんこナース(1) (ビッグコミックス) 作者: 小林光恵,佐々木倫子 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2014/05/26 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (1件) を見る 名作「おたん…

歯科業界よくある誤解 「疼痛」

疼痛・・・とは? 臨床をしている歯科医師ならば誰でも1度はカルテに書いたことがあるでしょうが、昔から患者の「痛み」を「疼痛」と書き表していました。 患者が「痛い!」と言えば、ズキズキとかシクシクとかジンジンとか痛みの種類に関わらず、ざっくばら…

恐るべき子供たち

珍しく予告どおりのネタです。 Les Enfants Terribles よく「今年の研修医は駄目」とか「使えねえ」とか上は好き勝手に言います。自分達も通ってきた道ですが、喉元過ぎれば熱さ忘れる訳で。 僕も駄目っぷりを競わせたら人後に落ちない駄目研修医で、駄目の…

戦いすんで日が暮れて

自称松元先生は逃亡中ですので、とりあえず一段落といったところでしょうか。 孫子の兵法では敗走兵を深追いするのは宜しくないとありますが、一方で包囲してもわざと逃げ道をつくっておいて逃げるところを叩けともあります。 そんな訳で世の兵法に倣って追…

お金を積めばあなたも名医?

近年は「歯科の名医本」が乱造されています。 先駆けの出版社がどこかは知りませんが、素人さんには一見すると広告には見えないのでよく考えたものです。「日本の歯科100選」など色々ありますが、基本的には掲載面積によって◯◯万円の掲載料を支払っている広…

歯科業界よくある誤解 「年功序列」

色々なしがらみで、いまだに口腔外科学会なんぞ続けています。 メリットも無いので「よし今年こそは脱会しよう!」と思ってはや幾年、何となく情が湧いてしまって別れるに別れられない・・・でも毎年毎年、年会費という名の上納金はせびられ、わざわざ学会に…

ここがヘンだよ電話対診した1症例

「ここがヘンだよ日本人」ってもう10年以上前に終了してたんですね・・・。 暗黙の了解 どんな分野にも「暗黙の了解」、いわゆる「通例」というものがあります。明文化されていなくても、まあみんな知っているよね、一々言うまでもないよね、って事です。 今…

歯科業界よくある誤解 「対診書・照会状」

ぶっちゃけた話、歯科治療は口の中がメインなので全身管理は二の次、三の次どころか全くやる気のない先生もいます。 リスクを避けるには「診ない」のが一番手っ取り早く、かつ確実な手段ですから「高齢で高血圧症の患者なんで、そっちで(普通の歯科治療を)…

巷のヘンテコ清潔不潔 院内環境

さて、今回はネットで見かけたヘンテコ清潔不潔、こんな例あんな例です。 何がダメなのかを考えるのも必要なので、どこがダメとかはあまり書かないようにしていきます。 前にも書きましたが、「うちはこれくらい一生懸命やっています!」はスルーです。紹介…

巷のヘンテコ清潔不潔 歯周外科

巷で見かけたヘンテコ清潔不潔の実例を見てみましょう。 何故ヘンテコ思考になるのか? 大前提になるのは、僕らが扱う場所は「口の中」ということです。それさえ理解していればあんまりヘンテコな考えにならないはずですが、間違った方向に走ってしまう人は…

タービン滅菌狂騒曲

ちょいと前に歯科で用いる歯などを削る器具(タービンなど)を患者毎に滅菌するしないという話題がありました。 YOMIURI ONLINEより 歯削る機器 7割使い回し…院内感染懸念 調査は、特定の県の歯科医療機関3152施設に対して実施した。2014年1月までに891施設…

歯科医師国家試験哀話

歯科医師国家試験を受験する予定の皆さんは息していますかー? ・・・へんじがない。 ただの しかばね のようだ。 年々狭まる国試の門 今年は受験人数3200人に対し合格者数は2055人と、ついに2000人を切る勢いでした。歯科医師会も基本的には開業医さん達の…

歯科業界よくある誤解 「こだわり」

こだわっていることはありますか? 「歯科」「こだわり」でgoogle先生に検索してもらうと「当クリニックのこだわり」「当院のこだわり」「◯◯歯科のこだわり」「院長のこだわり」「こだわりの診療内容」などなど・・・皆さん色々とこだわってますねー。 実は…

インプラント事故 大学病院編

某神奈川歯科大学附属病院で起こったインプラント埋入時の事故です。 症例 79歳男性 既往:高血圧症、アルコール性肝障害、頸動脈硬化症 下顎犬歯部欠損に対し静脈内鎮静下にインプラント埋入開始。 術中は心拍数50~60/分、収縮期血圧110~140 mmHgを推移し…

インプラント死亡事故について

2007年5月に東京の飯野歯科八重洲診療所で起きたインプラント埋入時の死亡事故ですが、前にも書いた通り僕はあの先生を擁護する気は全くありません。それほど酷すぎました。 ちなみにネット上での詳細は多分こちらが一番詳しいです。 歯科インプラント手術死…

ORE2014 雑感

ORE ORE(Ocean Pacific Restorative of Esthetic Dentistry)2014という歯科系の集まりがありまして、インプラントがメインっぽいので全く興味はなかったのですが、内容を見るとちょっと気になる演題、「感染予防Up to Date」と「インプラント手術における…

歯科業界よくある誤解 「うがい薬 2」

口腔内消毒のためのうがい薬 うがい薬の続きといきましょう。みんな大好きうがい薬ですが、口腔外科の先生達にはヨード系が人気のようです。安価なパチもん(ジェネリック)も出ていますが、やはりヨード系といえばイソジンガーグル。小さい子にも歓楽街でも…

歯科業界よくある誤解 「うがい薬 1」

みんな大好き含嗽剤(うがい薬) 歯科の先生達はうがい薬が大好きです。「とりあえずビール」のノリで「とりあえずうがい薬出しますね」な先生が大勢です。抜歯の後や歯周病にとか、もうありとあらゆる場面で出ると言っても過言ではありません。 商品も、ざ…